部門紹介

知的コミュニティ基盤研究センターは「知の表現基盤」「知の共有基盤」「知の伝達基盤」「知の環境基盤」の4つの研究部門から構成されていますが、それぞれが複数のプロジェクトを立ち上げ、知的コミュニティを支える情報基盤に関して多角的な観点から研究を遂行しています.

知の共有基盤研究部門

多様な形で生成される知を共有するための基盤は知的コミュニティの形成において本質的な機能の一つですが,近年の著しいITの発展は,これまで考えられな かった新しい知の共有基盤の可能性をもたらしています.本研究部門では,このような背景の下,未来の社会を支える知の共有基盤のための情報環境デザイン について研究を進めています.
具体的には,クラウドソーシング技術を活用して作る人間の知とコンピュータの知を組み合わせた新しい情報環境の研究,様々な情報サービス提供における高い 情報セキュリティと利便性を備えたネットワーク認証基盤やアクセス環境に関する研究,データ可聴化および音インタラクションによる情報共有と複数名で体験 される音楽情動に関する研究, メディア情報を利用した振り返り学習および認知モデリングに基づく身体知の共有に関する研究,IT技術を駆使した現実世界の制御とその応用に関する研究等 を推進しています.また,研究成果の社会への還元を重要視しており,学外の各種コミュニティとも協調しながら研究および社会への還元を進めています.

知の表現基盤研究部門

知的コミュニティにおける知識伝達や情報探索を考えるとき,その知識情報をどのように表現するかは重要な課題です.本研究部門では「様々な場面で利用される知識の特徴を解明し,その効果的な表現を可能にすることで,社会における知識の有効活用の促進に貢献する」ことをミッションに,以下のような研究を展開しています.(1)複雑な意思決定や問題解決の仕組みとその支援における表現(例:医師やパイロットなどの即時的判断が求められる専門家の意思決定,生命体の遺伝子ネットワークの表現),(2)貴重な文化遺産の表現(例:古銅印と糸印の識別研究と閲覧システムの開発),(3)会話や文章を通した対話における表現(例:笑いを生む要素とその表現に関する研究),(4)情報探索における表現(例:情報要求(質問)の表現や検索結果の可視化,感性の表現に着目した検索)

知の伝達基盤研究部門

「知」は、伝達されることによって新たな価値が生み出されます。その伝達の基盤のになる組織の一つが図書館です。本部門は,主に図書館について研究する部門です。たとえば、利用者協働型の図書館サービス、高齢者による情報探索行動などを研究します。

知の環境基盤研究部門

本部門は,新しいミッションの下に平成24年度にリニューアルしました.本部門のミッションは,図書館情報メディアに関係するさまざまなコミュニティに対し,コミュニティの中,あるいはコミュニティの間で知識と情報を共有し,高めていくための諸要素に係る研究を,関連するコミュニティとの連携の下に進めることです.本部門では,ネットワーク情報化社会を指向したアーカイブ,大量のデータに支えられるソーシャルネットワークといった研究課題,図書館,ミュージアム,アーカイブズといった知の記録機関(Memory Institution),情報学領域の高等教育組織(Information School)との連携活動とその支援を進めています.